こんにちは。ここは青空の写真日記です♪


by aozora777s
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
d0036186_1146551.jpg

↑「腹へったな~。」と、目が言っています。


年齢を重ねてゆくごとに、
人に対して、やさしくありたいなぁ~という気持ちが強くなっていきます。


スパイダーマン2 でメイおばさんが言ってました。

過去のことは川にでもトイレにでも流して忘れましょ。

懐の大きな、なんとも優しく慈愛に満ちたセリフですね。

今日落ち込んだこと、昨日の失敗、誰かを傷つけてしまったことに対する罪悪感や
うまくやれない自分へのもどかしさや怒り、
心がぎゅぅってなるようなことは、もう忘れていいんですね。

今日これから、またがんばりましょう。(^^)

そしてまた、心を開いて、人に、やさしくありましょう。
そうすればきっと、心がやわらかくなって、幸せってなんなのか、ひとつ、またひとつ年齢を重ねるたびにわかってくるのだと思います。
[PR]
# by aozora777s | 2007-05-18 11:46 | EF24mm F1.4L USM

イーハトーブの名残り雪

d0036186_71836.jpg
イーハトーブの野の原にも
もうすぐ春の訪れがやってきます。
[PR]
# by aozora777s | 2007-04-17 15:35 | EF24mm F1.4L USM
d0036186_1127584.jpg

暑いですが、どうぞお元気で。
皆様のこの夏が、楽しい日々でありますように。^^
[PR]
# by aozora777s | 2006-08-06 11:27 | EF50mm F1.4 USM

夜の帳

d0036186_7542860.jpg
私はこの町が大好きです。ここ数年はとくに、この豊かな自然に囲まれて暮らす今を幸せに感じる日々が増えました。東から太陽が昇り、朝焼けとともに一日が始まり、西の山の端に沈む夕日の色も毎日色や形が異なります。

ふだんは何気なく暮らしていても、土に触れたり、夕暮れの美しさに触れたりすると、心が和み、日々の鬱積もどこかに消えていってしまいます。若い頃は私も都会暮らしにあこがれがあって、東京で暮らした5年間もとても楽しいものでした。でも、やっぱりこの土地に帰ってきてよかったなと思うのです。なによりも、今の家族とひきあわせてもらえたから。^^

今は健康に暮らしているわけだけど、大きな病気をしてしまうと、一日一日を生きて終えることの素晴らしさが身にしみるのだと思う。私は心臓病の母をずっと見てきたから、母が生きていてくれることに感謝する毎日でした。

生きていることに感謝できなかったり、死にたいと考えてしまう時には、きっと何か大切なものが見えていないのじゃあないかなと思う。
誰だって、ひとりひとり、とても素晴らしい人生を歩んでいると思います。
それが苦難の道だったとしても、その一日一日にもドラマがあります。辛い一日だったとしても、生きているって素晴らしい。ときどき考える。余命1ヶ月と宣告されたとしたら、生きていることを楽しめるだろうか?とてもむずかしいことだけれど、家族がいたら、それが叶うかも。この人たちに出会えて、よかったって、毎日考えて過ごすのでしょう。でも・・・毎日死ぬのが怖くて辛くて泣いちゃうよね。

だから、今、健康で元気なうちに、心の底から幸せを体感して、感謝して生きようと思う。
[PR]
# by aozora777s | 2006-07-18 08:12 | EF24mm F1.4L USM

一生懸命走ったよ

d0036186_192962.jpg
今年の5月の話だけれど、我が子がリレーに選ばれた。私に似て、足が速かったんだ!と、ちょっとびっくりした。
けれど、本番を見て悟りました。
我が子はまったくもって足が遅かった!
どうして選ばれたのか、さだかではありませんが、感動した。
運動会で一等賞をとることが、素晴らしいことなんじゃなくて、一生懸命走ることが何よりも素晴らしい。子どもや学校に学ぶことって、果てしなくたくさんあるのですね。

撮影/*EOS20D  EF70-200mm F2.8L USM
[PR]
# by aozora777s | 2006-07-17 19:32 | EF70-200mm F2.8L USM

運動会の日の桜


d0036186_1303562.jpg
地球が、この桜の樹のようだったらいいなと思う
みんな優しく咲き誇って散ってゆく
また来年につながるように上手に生きる

撮影/*EOS20D  EF70-200mm F2.8L USM
[PR]
# by aozora777s | 2006-06-26 13:00 | EF70-200mm F2.8L USM

「半落ち」

d0036186_174495.jpg
撮影/*EOS20D *EF24mm F1.4L USM

昨日の夜、「半落ち」をDVDで観ました。
人が生きる、そして老いる、ということは、よっぽど運のよい人でないかぎりは、病気や障害との闘いを避けられないのですよね。
自分らしく生きることと、介護と、様々なことを考えさせられる映画で、ティッシュが1箱なくなりそうでした。

家族を失うことも、自分を失うことも、どちらも辛く恐ろしいことだけれど、人が人として生まれてくる以上は、誰かを失い、やがて自分自身をも失う日がくるのですね。
どう生きれば後悔が少ないのか、考えながら残りの人生を歩いていこうと思います。

映画を観て思ったことは、「最期まで屈しないこと」。
愛しているから殺したという梶総一郎さんの気持ちも理解できるけど、人の愛し方や生き方、死に方はいかようにも選択の道がある。その中のひとつとして、人を殺したり、自分を殺したりする方法も存在することは事実だろうな。けど、どんなに死にたいと思うような日がやってきても、生きる道を選べる自分でありたい。

けど、厳しい現実のさなかにあるときにも、同じように考えられるだろうか。誰かの協力がなくては生きることが困難なこともあるのだろう思う。経済的とかそういうのではなく、精神的に。

家族であれ、友人であれ、心の支えがもっとも大切で、かけがえのない存在だということ。孤独な暮らしはラクかもしれないけど、やはり人はひとりでは生きてゆけない。

http://www.discas.net/cgi-bin/netdvd/s?ap=c_goods_detail&goods_id=081902440
[PR]
# by aozora777s | 2006-02-26 17:54 | EF24mm F1.4L USM